北村匠海が薬中で逮捕間近?噂の理由や真相は!

北村匠海が薬中で逮捕間近?俳優・女優

俳優・歌手・モデルと幅広い活躍をみせている北村匠海さん。

『DISH//』のボーカルを務める北村匠海さんですが、『猫』という歌が人気代表ソングとなり人気アーティストの仲間入りも果たしています。

そんな北村匠海さんに現在、「薬物中毒で逮捕間近」という噂が広がっているというのです。

そんな噂が広がっている北村匠海さんの薬物疑惑とその真相を調査しました!

眞栄田郷敦の結婚相手は誰?画像や年齢・馴れ初めは!

スポンサーリンク

北村匠海の薬物疑惑が噂される理由は?

北村匠海 薬物疑惑 逮捕間近引用:Twitter

人気急上昇中の北村匠海さんですが、薬物中毒(やくちゅう)の噂が広まっています。。

北村匠海さんの薬物中毒疑惑が噂される原因は2つあります。

①『覚醒ナックルズ』で報道された!

実話系雑誌『実話ナックルズ』のWEB版『覚醒ナックルズ』で、北村匠海さんの薬物疑惑が取り上げられていたのです。

『覚醒ナックルズ』によれば、

  • 映画『君の膵臓をたべたい』などに出演した俳優
  • 近年ブレイクしたイケメン若手俳優

北村匠海さんを指していると思われる人物が、数年前からクラブなどで薬物を大量に買っていると報じられているのです。

また、買う際の態度が悪く、売人達からの評判は最悪なのだとか、、

「いつか関係者を巻き込み、表沙汰になるのではないか」といわれているようです。

この『覚醒ナックルズ』の報道によって、北村匠海さんの薬物疑惑が広まったのは間違いないでしょう。

②彼女・DJリカックスの影響?

DJリカっくす引用:Twitter

北村匠海さんとDJリカックスさんは、2018年9月にお泊り報道や手つなぎデートが週刊誌にとられています。

DJリカックスさんはDJ界隈では有名なDJですし、ラッパーや、色々なアーティストやミュージシャンとも関わりがあるでしょう。

クラブはいわば”薬物の温床”ですが、そんなクラブへの出入りはもちろん多いはずです。

そういった繋がりがある事からも、北村匠海さんが薬物にハマっているという噂が広がったといわれています。

村上虹郎の心身不調の原因は?障害や鬱の噂も!

スポンサーリンク

北村匠海の薬物疑惑はデマ?真相は?

北村匠海 薬物疑惑 逮捕間近引用:Twitter

北村匠海さんの薬物疑惑は、デマである可能性が高いようです。

デマである理由として、

  • ・記事がほとんど消されている
  • ・事実・証拠が全くない
  • ・覚醒ナックルズの売名行為

の3つの理由が挙げられます。

記事がほとんど消されている

北村匠海さんの薬物疑惑の発端は、『覚醒ナックルズ』の報道だといわれています。

しかし、現在ではその記事が消されているというのです。

本当であり、噂ではないのであれば消すこともないと思います。

発端となった記事は、覚醒ナックルズにとっても都合が悪かったので消されたのではないかといわれています。

この事から、北村匠海さんが薬中だという可能性は低いのではないでしょうか。

事実・証拠が全くない

記事やネット上では疑惑や噂は多くありますが、証拠というのは多くの場合見当たりません。

北村匠海さんは喫煙者ですが、そのタバコが薬物かも?なんてことも記事になったりしていますが、それも噂だけであり証拠にはなっていません。

覚醒ナックルズの売名行為

北村匠海さんの薬物疑惑を取り上げる以前から『覚醒ナックルズ』は、刺激が強い記事を書く事で有名です。

刺激が強い記事を書くことで、読者に印象を持ってもらえるようにするための売名行為ともいわれています。

北村匠海さんの薬物疑惑の記事も印象を与えるためのネタとして書き、現在はその記事が削除されているということから売名行為となっているみたいです。

これらの事から、北村匠海さんの薬物疑惑はデマである可能性が高いと考えられています。

北村匠海結婚発表ニュースがTikTokで話題!結婚願望あったの?

今田美桜の元彼はカルマ?熱愛交際の真相は!

2025年7月予言はポセイドンや隕石?大災難はどんな形でくるのか

本田望結の親の職業は?金持ち実家で豪邸!祖父の仕事がすごいの?

菅田将暉の弟が残念と噂される理由は?ドラム上手いって本当?

スポンサーリンク

まとめ

北村匠海 薬物疑惑 逮捕間近引用:Twitter

北村匠海さんの薬物中毒疑惑が噂されていますが、根拠はなく”デマ”である可能性が高いです。

主に、メディアの過激な報道によって広まった噂だと考えられます。

もちろん、”本当”だという可能性もあるかもしれませんが、現段階では”どちらともいえない”というのが正しいでしょう。。

こういった噂は北村匠海さんのイメージダウンに繋がったかもしれませんが、今後の更なる活躍で払拭できるに違いありません。